ホームページ 会社情報 人材募集ニュース システムソリューション エンベデッドソリューション 工業 IoT お問合せ

 2020年10月28日、弊社は「自動車故障診断と検査技術」カリキュラムにおける自動車電子スイッチの教育実習向けに研究開発したシステムソリューション——車載LAN教育システムを、一年間に渡る研究開発、テストを経て、大連職業技術学院(大連市人民政府直属の全日制普通高等職業学院、国家模範高等職業学院)に導入致しました。

 今までの自動車故障診断と検査技術の実習授業では、教師は事前に実車の配線をカット・ショートなどの物理的な方法で故障を設定し、学生たちに製品の故障原因を解析、特定させなければなりません。しかし、この故障の設定方法は数多くの故障パターンを設定できない上に、復元に時間がかかり、車台数の制限で学生全員が実習できないなどの欠点がありました。

 弊社は永年の車載電装品の開発テスト経験を活用して全車回路システムをデジタル化し、教育ソフトウェア、学生端ツールにより、全車の車載LANシステムだけではなく、車載電子スイッチの正常/異常稼働状態もシミュレーションする事ができます。当該教育システムにより、教師はPCのプログラムをクリックするだけで簡単に実車故障状態を設定できるようになります。




 

 弊社が独自に開発した学生端ツールは、車内の様々な信号をシミュレーションでき、車内の各種スイッチに情報を送信します。そしてスイッチの出力信号を監視し、出力信号の正確性や修理結果の正確性を簡単に調べる事が可能です。またCAN診断機能は、現在の製品にどのようなエラーがあるのかを学生に診断させ、問題特定と解決に役立てることが出来ます。故障シミュレーション機能は、素早くスイッチの故障状態を設定でき、学生たちが検査ツール(オシロスコープ、マルチメータ)などで検査・測定出来るようになります。

 今回の車載LAN教育システムの開発は、我が社の車載環境シミュレーション分野の技術レベルを証明し、今後より多くの学校教育の現場に貢献出来ると考えております。

 全国の各職業学院のお問い合せをお待ちしております。



×

連絡情報

×

試用住所